もかもかニュースキュレーション

20年勤めたIT企業を辞めて新しい生き方を模索中。夢はマレーシアに住むこと(断言。)

表現の仕方について。 -子供の叱り方-

節分も過ぎましたね

みなさんは、恵方巻きは食べました? 私は、食べてません笑

某局の女子アナウンサーが「北北西」を「キタキタニシ」と読んだらしいですね

(生放送で、本人は間違いに気づかなかったらしいです。上司にあたるアナウンサーから番組中に指摘されて、初めて気がついたそうですが・・・アナウンサー試験は、やはり顔審査なのでしょうか)

 

 

先日、あるお母様(私は先生と呼ばせて頂いてます)のお子さんが門限を破ってしまったそうです。

その際、お母様は玄関の前で仁王立ちして待っていたそうです。

子供さんが帰ってきたときに、お子さんに

「心配してたんだよ!」(ホントは関西弁なのですが)

と怒ったそうですが、お子さんは「ごめん。。。」とお母様を陥落させてしまったそうです(お子さんは、女の子)

 

この話を聞いて、さすがと感嘆してました

私にも娘がいるのですが、一度も怒ったことがありません(まぁ、そもそも誰にでも怒らない性格なのですが)

自分が子供時代、厳しい躾けの家庭だったので毎日、怒られ躾という体罰を受けてました(いまでは児童相談所ものですが、当時は学校や部活、塾でも体罰は普通の光景でしたね) なので、反面教師で自分は暴力は当然ですが怒ることも否定することになりました。 

なぜなら、このように育つと「人の顔色を伺うように生きる」様な性格になります(暴力や怒られることから避けようとするので)

 

話を戻します

先ほどの玄関前のシチュエーションの場合、以下のどちらが子供がどう感じるか

考えてみてください

①「何時だと思ってるの!どこ行ってたの!」

②「心配してたんだよ!」

 

①の場合は子供は反発・反抗心しか生まれないでしょう。

②は、子供のことを思って自分の心境を伝えてます。これを子供がどう捉えるかは子供次第ですが、どちらがいいかは。。

 

 

この話の後、とある記事を見て「これも表現の違い」を利用した同じ話だなと思いました

「トイレを綺麗に使ってもらうための張り紙」というものです(子供の話からトイレでスイマセン)

トイレの張り紙パターンを3つあげます

①「汚く使うな!」

②「汚く使わないで下さい。お願いします」

③「いつも綺麗に使ってくださって、ありがとうございます」

---

①・・・見た瞬間、頭に来ちゃいますね(怒)性悪説的ですね

②・・・①よりいいですが、お願いされてますが「汚す」疑いを前提にお願いされてます

③・・・感謝されて嫌な気持ちになる人はいませんよね? ◎

 

表現一つで、相手が受ける印象は違うことに意識してみてください

きっと、自分の周りの環境の変化があるかもしれません

 

アサーションとは「自分と相手を大切にする表現技法」を意味します

いろいろな場面(職場や家庭、友人関係など)で活用できます

(会社で研修にも行かされましたが、とても有効だと思います)

 

蜜柑(みかん)の話。 -受験生の娘に差し入れ-

2月になりましたね(1月は寒かった思い出しかありません。。扁桃炎は苦しかった)

 

娘は高校受験の勉強の追い込み時期です

来週には、私立。 再来週には、公立の試験日があります。

最近の合格発表の方法を聞いて、ビックリしちゃいました。

私のイメージは、校舎前にベニヤ板の合格発表の一欄が張り出され、自分の数字があるかどうかを数字の羅列の中から探す(よく大学では、その前で胴上げとかしてくれたりする映像がありますよね)

いまは、封筒に合否の結果が書かれた紙を1人1人に渡すそうですね(なんて非効率、且つ、封筒から紙出すの逆に怖い)

個人情報保護の影響なのでしょうか?

 

あなたなら、この場合、封筒をいつあけて合格かどうか確認しますか?

①もらったら、即あけて確認する

②家に戻ってからあける(家族といっしょに?)

③それ以外(超難関校を受験したら、合格祈願した神社にお参りしてから開けるとか)

 

私なら、即効あけないと緊張に堪えられませんね笑

 

訳あって娘とは離れて暮らしてます

応援するといっても、合格鉛筆を買いに一緒に湯島天神に行って、合格をお祈りするくらいです。(一緒に暮らしていたとしても、父親の存在などウザイだけでしょうが(苦笑))

LINEでも受験や勉強のことは一切、書いたり聞いたりしません

ラブライブ!サンシャイン!!横浜アリーナ一般抽選も外れたとか(初の娘とのLIVE観戦の夢も延期です。。)

スクフェスヨハネ降臨しなかったーとか(ラブライブのことだけかいっ)

 

 

まぁ、LINEの既読時間が深夜1時とかなので頑張ってるんだろうなと心配はしてないので、余計なプレッシャーを掛けないためなんですけどね

 

食事に誘って鋭気でもと思ったのですが時間がもったいないのは、受験時代でわかってますので、なにか送ろうと考えました

 

あっさり、決めました

一応、好き嫌いは知ってますし、風邪にはビタミンCがいいですから

蜜柑(みかん)に決めました

 

みかんといったら、愛媛、紀州とか

紀州藩紀州犬が好きなので、紀州産のみかんを送りました

通販で売っているので、大半は「訳あり」、「外なり」ですね

訳ありは、大きさが規格外で不揃いという意味合いだそうです。

外なりは、みかん畑は南を向くように生っています。外なりとは、字のごとく、一番外側に生っている蜜柑のことです。当然、雨風で傷がついたりしてしまいます。

(スーパーで売っている蜜柑は、つやつやピカピカで大きさが均一ですね。 そうしないと農協で・・・)

贈答品ではなく差し入れなので笑

しかも、外なりの方が太陽の直射日光をいっぱい浴びるので甘いそうです

 

 

自分の受験のときより、そわそわするものですね

(自分のときは、受験で緊張した覚えがなかったので。 そのかわり、就職氷河期だったので就活は緊張の連発でした。。)

 

ホントは、ここ数日、自宅のWi-fi環境の再構築(大げさなw)の話を書こうと思ったのですが、長編小説になりそうなので、いつか小分けに書こうかな(遠い目)

 

 ※E、I、ヱ、P、他とありますが、間違いなくEを選択してください←その理由が長編小説になります

カメラから色々なことがわかる。 -知識を広げていく方法-

ひと昔、「うんちく王」という言葉が流行りましたね(かなり前。。。くりーむしちゅーの上田さんのうんちく(特に、あの早口でよどみない)の語りは驚異的で憧れ)

 

私も、うんちくという雑学が大好き。 今では教科書には載ってない方の知識のほうが多いかも笑

一つのことを知ると、それに関連することをアメーバが増殖するように知識を集める作業をしてしまう。癖なのかもしれない。いや、職業病なのかも・・・。

元IT業界に長年いたのでインターネットに触れるのも早かったし、一番はぐーぐる先生の登場とウィキペディアの登場が大きいですね。

子供の頃、某ブリタニカ百科事典を与えられたけど「宇宙」関連のとこしか見なかった気が・・・(決して裕福な家ではなかったのですが・・・ごめんなさい)

いまや、ウィキペディアブリタニア百科事典の何倍の情報量なんでしょうね

(こう書いた瞬間に、調べたくなってしまう性分です笑)

 

 今は、DVDなんですね(確かに、本棚が邪魔だった)

 こんな感じでした

f:id:mokamokanews:20170130153225j:plain

 

雑学好きになると、やっている人はウィキペディアに「おまかせ表示」というのがあり、ランダムに表示される項目を眺めては興味があれば覚えてしまう(変人と言われたらそうかも。。)

 

本題に戻すと、週末に倉庫の片づけを手伝っていたら、古びたCAMERA(写真機)が出て来ました

f:id:mokamokanews:20170130153950j:plain

 

ボロボロですね笑

最近は、スマートフォンでしか写真は撮らないので、見つけたときは「スゴイ」と思いました。CAMERAといっても、デジカメ世代ですからね(最近は、また一眼レフが流行っているみたいですね)

 

本体:NIPPON KOGAKU TOKYO 60910249

レンズ:NIKKOR-S・C 1:1.4 f=5cm NIPPON KOGAKU JAPAN No.324492

 

レンズ上にはNikonと書いてありますが、「NIPPON KOGAKU TOKYO」??

このCAMERAの操作方法や状態よりも、どこのメーカー、いつ頃に作られたという探究心の方が勝っていろいろと調べてみました

 

NIPPON KOGAKU TOKYOは、「日本光學工業株式會社」でした(後に、Nikonニコン)に改称(1988年))

東京計器製作所・岩城硝子製造所・藤井レンズ製造所を合併して、1917年に海軍向けの光学兵器を開発するために作られた会社のようです。あの戦艦大和の巨大な測距儀(傾斜角度で距離を測定する機械です)も作成したのはこの会社だそう(←こういう尾ひれのような知識が好き)

 

戦後、民生品への転換をしてCAMERA開発に進む

しかし、当然、戦後なので国内では高級品で売れずに駐留向けや海外に輸出してましたが、サイズが当時のスタンダードな規格と違い「ニホン判」と呼ばれ不評だったらしい。

そこで、スタンダードな規格に合わせた「S型」を開発して日本でも1950年12月から発売を開始しました。

このとき、発売されたS型こそ今回発掘されたボロボロCAMERAなんです

約67年前の高級CAMERAでした

(普通ならここで終わってしまうのですが、古ければ高級というわけではない理由を知りたくありませんか?笑)

戦後間もない1950年です。日本製品(家電や車)が海外に評価されるのは、もう少しあとです。「Made in Japan」は「安かろう、悪かろう」と言われた時代です。

 

ここで登場する2人の写真家、三木淳さんとデイビット・ダンカンさん。

2人とも、タイム・ライフ社(現タイム・ワーナー)のカメラマンでした。 三木淳は、このあとニコンを世界に広めることになるのですが、日本で報道カメラマンの先駆けとなった方で有名なのはあの「葉巻をくわえた吉田茂」の写真が有名です

 

 この2人がコーヒーを飲んでいたときに、三木さんがS型とニッコールNIKKOR:レンズ)でダンカンさんを撮りました。 そのときのダンカンさんの態度は、ご想像にお任せします(このときはCAMERAと言えばドイツ製の「ライカ」)

その後、フィルムを引き伸ばして(「現像」という処理です。今のデジタル世代には説明が難しすぎる・・・。まぁ、プリンターから印刷したと思ってください)

三木さんがダンカンさんに見せたところ、ダンカンさんは驚き(愛用機:ライカ)、三木さんはダンカンさんを東京都大井にある日本光学に案内して、出迎えた社長自ら会社内を案内したそうです(どこかで見た光景ですね。下町ロケットの佃製作所に財前部長が来たときのシーンそのものですね(吉川 晃司さんかっこいいですよね))

ダンカンさんは性能の良さに惚れこみ、その場で買い込んだそうです

 

下町ロケット

下町ロケット

 

その年の1950年6月に朝鮮戦争が勃発して東京タイム・ライフ支社から報道カメラマン達が現地に向かい毎日のように送ってきては、ニューヨーク本社へと送られました。

本社から「写真がいつもより大変シャープだが?なにを使って撮っている」と問い合わせがあり、ダンカンさんから日本の日本光學のニコンSとニッコールと答えました。

そのことは、ニューヨークタイムズ紙に報じられることになり、他のカメラマン達も競うようにニコンSとニッコールを買い求め、確固たる地位を築くことになる。

世界の「Made in Japan」のはじまりです(写真にも写ってますがカメラの周りに本革のカメラケースがありますが、しっかりとMade in Japanとあります)

 

さすが、ゼロ戦を作った日本の技術力を感じました。

海外の企業をM&A(買収)して事業の柱にしようとして、過去の世界に誇った栄光の技術力部門を切り売りしてる老舗企業がありますが残念ですね。。

 

ちなみに、これだけ貴重なアンティークなら価値がありそうと思われると思いますが

某オークションで調べたところ、箱や説明書、保存状態が良好でないと価値はないそうです(涙)

 

 

きれいに磨いて、棚に飾ってアンティークにしようと思います♪

 

占いについて語る。 -神秘なことは好きですか?-

今まで、占いには興味がなかったです(というより、女の子のすることだと思ってた)

某局の朝の番組で星座占いをやっているけど最下位の前に「ごめんなさい~」と発表されて蟹座だった日には、ごめんなさいなら最初から順位なんてつけるな!と・・・。

(それに、蟹座はヘラクレスに足で潰された哀しい星座なので、その時点でもう。。)

 

別に神秘的なことに、まったく興味がないわけでなく、パワーストーンはいくつも持っているし(ちゃんと浄化する水晶とさざれ石、セージの葉は常備してる)、

精油(アロマオイル、エッセンシャルオイル)も好んで使っている(昔、資格を取ろうとした時期もあったけど、男性なのでやめておいた)

 

占い師さんのイメージは、水晶の玉を前にして黒いフードを着ているイメージ(昭和かよ笑)

今は、占いの館とか占いをやっている飲み屋さんとかがあって料金明瞭で敷居も低くなったけど、昔は高級寿司屋の時価みたいな感じで近寄れなかった。

某細き先生や某え原先生がTVに頻繁に出られていた頃は、高圧だなぁという印象でしたね

 

まぁ、占ってもらうことも無かったという事もあり、占いとは無縁だったのですが、

一昨年に知っている人は知っている知らない人は知らない人生の転機を迎えて

迷うことが多くなりました。。

 

たまたまですが、あるスマフォアプリに、その日のタロット占いを告げているコーナーがあり、毎日みてました(星座占いは見ないで、タロットはいいのか!と聞こえてきそう笑)

タロット占いの内容も参考にしてましたが、目的はお綺麗で関西弁に癒されてました(関西弁に弱いのです)

 

今から話す内容は、今までの占い師のイメージを覆した占い師さんでしたという話です

 

許可を得てないので名前等は伏せておきますが、その占い師さんのブログやTwitterをフォローして、ツイキャスも最近、時間があればみていました

 

その占い師さんは大阪で占いをやられていらっしゃるので、コメントで「遠くて、占いをしてもらいに行けないです」とコメントしたら

その占い師さんは「別に、占いなんてせんでもええんよ」と!?(関西弁は、やわらかい語尾になるのでいいですよね(←自論です))

占い師さんが「占いをしなくてもいい?」と、始めはビックリしました

 

(記憶があやふやで、意図が間違ってたら、ご指摘ください)

だいたい、こんな感じの説明をしてくださいました

「占いに来る時点で、すでにあなたの心の中では、決心(方向)は決まってるはずなんです。 それに向かって行けばいいのよ」

なるほどと思いました。 私は少し前に流行ったアドラー心理学(いまドラマでも「嫌われる勇気」をやってますね)をちょっとかじってたので通じるものがあるなと思いました。※アドラー心理学については、別途、ブログに書いてみようと思います

 

 ・アドラー心理学に興味がある方は、「嫌われる勇気」よりこちらをお薦めします

 

占い師がこんなこと言って商売あがったり(←日本語って難しいですよね。意味が反対な表現)だけど「占いの概念を変えたいっ」とおっしゃってました

(私の中では、すでに概念が変わってしまいました)

 

ツイキャスでプチ鑑定をたまにやって頂けます

(ヒント:お茶を投げるといいことがあると思います笑)

昨夜、念願かなって占って欲しいなと思っていたことを始めて占ってもらいました

ツイキャスなので、他にコメント欄を見てる方もいらっしゃるので相談内容も具体的には書けません。文字数制限もありますし。

しかし、ビックリしたのが心で思っていることを読み取られて、そのまま朗読されてしまっているかのような占い師さんの言葉に絶句してしまいました

ステマではないです(汗)あくまで個人的感想です

 

占い師さん曰く「占いなんて、初詣感覚で来てくれて、お話に来てくれれば」と(心理カウンセラーさんに占いオプションが付いているようなイメージです笑)

 

 

最近、よく行くカフェの通路にベンチがあったのですが撤去され、2人の占い師さん(2人とも、おば様)が机を並べて、陣取ってます(便利なベンチだったのに)

水晶の玉ではないですが、机の上には怪しげなオブジェと服装が・・(服装で占い的高貴なイメージを出そうとしてると察しますが、マーケティング的には逆の方がいいと個人的には思います。。)

いつもお客さんがいなくて、お二人でしゃべってます。世間話でしょうか?

そこで思うのが、お互いのことを占えばいいのにと。。

 

 

  

天然水晶さざれ 浄化さざれ 天然石 パワーストーン 浄化用さざれ M 100g
 

 

 

 

 

ブラウザのタブの整理法 -お手軽編-

机の上の整理整頓は上手な方ですか?

自分は、めっちゃダメです。モノが埋もれていってしまいます。。

 

ブラウザのタブの話です。

いま、株やらブログやらいろいろやっていて、ブラウザのタブが酷いことになってます。。

昔は1ブラウザに1ページ表示で、お気に入りから呼び出すのが主流でしたが、

現在は、主なブラウザは複数タブでページを保持でき、そのまま固定タブにしてしまえば、起動の度にお気に入りから呼び出さなくても、自動的に呼び込んでくれるので非常に便利です。

人間、便利を覚えてしまうと過剰に使ってしまいます(自分だけ?)

自分は、FireFox派なのですが、酷いときは固定タブが20以上あって起動する度に固まり、ときにはFireFoxがクラッシュして固定タブが失われ、なにを固定してあったか忘れて、泣く泣く作り直すこと数度、バカな失敗を繰り返してました

 

さすがに、マシンの古くなったので、メモリをバーンと乗せて、SSDをガッツリ乗せたパソコンを購入しようかと価格ドットコムで物色していたのですが、なにもWEBブラウジングするだけの問題でと購入は止めました

 

アドオンは、もう入れてありFirefoxの最適化はしてましたが、タスクマネージャで確認するとメモリ使用率の桁が他と段違いに違う・・・。

 

単純にこの巨大な1塊のメモリを分散化してあげれば、軽くなるのでは?と

ブラウザを複数に増やすことにしました

選んだブラウザは、スピードの評判がいい以下のブラウザです

Google Chrome (ブログやGoogleドライブを使っているので統合しよう)

Lunascape (セキュリティに強く軽快に操作できる国産のウェブブラウザ。早稲田大学で開発され、世界190か国で2000万回以上ダウンロード。 ちょっと、面白そうなのでチョイスしました)

いまのパソコンでは、3つのブラウザを同時に動かすのが限度と考え、この2つに絞りました。

(爆速ブラウザ「Vivaldi」が評判ですが、安定してなそうなので、今回は外しました。 IEは、もう数年使ってません。お仕事では使ってましたが。 理由は、シェアNo1であるにも関わらずセキュリティの脇が甘いからです。 24時間オンラインのウィルスソフトを入れていても、現在は突破される時代です。 理由は亜種(Aというウィルスが流行ると、すぐにA’という亜種のウィルスが出回ります。 ウィルスソフトでAを探知できても亜種のA’の情報はないので突破されます。 ウィルスソフトを流行らせるのに一番いい方法はシェアが大きい所を狙うのが効果的だからです。 MacBook AirのMacにウィルスが少ないのもそういう理由です))

 

ここで、3つのブラウザにお気に入りをエキスポート/インポートして、分類わけして

各々のブラウザにタブを5~8くらい目処で作成しました

こんなにスッキリになりました!(作業前は、画面右端までぎっちりでした・・・)

f:id:mokamokanews:20170127002535j:plain

 

体感では、FireFoxは2倍以上の早さになりました!(3倍なら赤い彗星です)

Google Chromeは、理由はよくわかりませんが、タブごとにメモリが分散するようですね(それで早いのかな?)

Lunascapeは、インストール後、3回ほど固まりアンインストールしようかと思いましたが、無事に起動・稼働するようになり、デザインもシンプルで国産ということで設定画面も詳細な設定ができるのですが、わかりやすい仕様になっています

Mac、スマフォ、タブレット版もありますよ(軽いです)

f:id:mokamokanews:20170127003458j:plain

 

もし、同じようにお悩みの方がいらっしゃったら「俺はFireFox派だぜ」とか言わずに

いま色々なブラウザが登場しているので、活用してみてはいかがでしょうか?

 

-後述-

まさか、このネタを書くとは想定しておらず(そもそも、このブログを書く画面が遅くて、この対処をしてました)書き終わって、前後のエビデンス画面を撮っておけばよかったと後悔しきり。