読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もかもかニュースキュレーション

20年勤めたIT企業を辞めて新しい生き方を模索中。夢はマレーシアに住むこと(断言。)

下克上受験ならぬ最近の公立高校受験は自己責任?? 

もう、3月が終わりますね(早い)

おひさしぶりです

ブログ、書く書く詐欺を続けてやっと筆をとりました

 

さて、タイトルにあるドラマ「下克上受験」が終わりましたね

面白かったですが深田恭子さんのかわいさだけが際だっていたような

小説は読んでないのですが、きっと、表しきれない部分があったのかなと思っています

(「ビリギャル」は、小説も映画もみていて、映画化がうまくいった良い例だと思っているからです。 ぜんぜん違いますが攻殻機動隊の映画化はどうなるのでしょう・・)

 

 

 

さて、今春、私の娘も高校受験をしました。

住んでいる地域は、急速な人口増加で小学校、中学校が足らずに、少子化時代に新規の学校や校舎の建て増しをする地域です。

小学校、中学校は義務教育なので、絶対に子供を受け入れる必要があるので、新規の学校や校舎の建て増しをするのですが、高校は義務教育ではない(という理由と思う)ので、増えたりしてません。しかし、今のご時世、高校に行かない人はほぼいないでしょう。入学者数枠の増員をしても足らない状態です

なので、競争倍率が異常です

 

娘は、女の子にありがちな数学、理科が苦手女子です

中学の2年の夏に本人から「塾に行かせて」と懇願されて行かせる事にしました

(公立高校を目指すのになんでという古い考えの親でしたが)

そのあとは、放任していました(わからない問題を教えてと言われたら教えるくらい)

 

高校を決める3社面談後(本人、担任、母親)に、

「どこの高校にしたの?」と聞いたら、「〇〇高校(公立)と〇〇高校(私立)」

「えっ!?私立も受けるの? 公立一本じゃないの?」と驚いてしまいました

「うん」・・・子供は無邪気でいい。。。(ダメとは言えない)

ネットでそれぞれの偏差値を調べたら、私立の高校はまぁ妥当かなぁと思ったのですが

公立高校の偏差値が高い!?自分が行っていた高校と同じレベル(中学、高校のときは娘よりできる子だった笑)

そのときは、娘はそんなに出来るようになったんだくらいにしか思ってなかった。

 

そのあと、娘から送られてくるわからないから教えて問題が、「この問題が出来なくてあの偏差値の高校に受かるのか?」と沸々と疑念が湧いてきました

 

まず、私立高校の試験日がやってきました

まぁ、偏差値的にも、滑り止め校なので水増し合格者があるはずなので合格はするだろうと安心してました(しかも、合格発表が翌日!?夕方に試験が終わり次の日の9時には合格発表するのに約半日(しかも深夜)。ちゃんと採点してるのか怪しいもの。。)

問題なく、私立高校は合格(しかし、遠いし、高いし、ホントやめてほしい。。)

 

公立高校の試験の終わった後に「どうだった?」と聞いたら「難しかったけど、出し切った」と心強いのか不安なのか・・・

次の日の新聞に試験問題が出たので、見てみたけど以前にブログに書いたけど、難しい。 論理的に考える問題が多いし、昔は高校の範疇じゃなかったけという問題内容。

公立高校の合格発表は、2週間後。長かった。

娘の事前の状況と偏差値の高さから、合格発表までの間は正直ダメかもなと思っていた。

 

合格発表の日、9時には合否がわかるのになかなか連絡が来ない。

12時になっても来ない。こちらから連絡するのは怖い。。。

13時になろうかというときにLINEが鳴った

「受かったよ~」

「マジかー!!がんばったねー」

正直、奇跡かと思った(後に、ホントに奇跡だと知ることになる)

 

さくら (独唱)

さくら (独唱)

 

 

数日後、合格お祝いを持って、娘に会いに行った

そのときの衝撃な話

 「〇〇高校(公立)って、偏差値△△くらいだよね? すごいよね」

娘「うち(娘は自分のことはこう呼ぶ)の直前の偏差値は、▼▼だったんだよね」

 ※△△と▼▼の偏差値の差は、マイナス10近く低かった

 「えっ!?よく学校の先生が受けていいと許したね?(驚)」

娘「受けたい高校を受けてくださいって言われたから。塾も、あそこの塾は好きなところを受けろって、他の塾は受けさせなかったって」無邪気すぎるぞ・・・

 「パパの頃は、中学浪人が出ないように、受かるところにしか受験させてくれなかったし、受けるなら私立を併願しなきゃならなかったから、私立なんてもったいないから、偏差値を落して公立高校を受験したから余裕で受けれたけど。。」

娘「そう、進路担当の先生が、定時制の2次や中卒で就職する生徒が多くて頭抱えているよ」

 

怖ろしい。。。

 

放任主義なのか、自己責任なのか、責任放棄なのか

 

学歴がすべてとは言わないけど、下克上受験のとおり中卒では、この世の中では人生厳しいだろう

進路も自由主義なのだろうか(中学校の進路担当は予備校のアドバイスと同じではダメだと思う)

もしかしたら、親の方から「どこ受けさせようが勝手だろ!」とモンスターペアレントのせいなのかも。。。

 

とにかく、10近くも上の偏差値の公立高校に受かってくれてホッとしている反面、心配もしている

 

小学校、中学校は義務教育。近くの学校に行き、授業はクラスで一番出来ない子が落ちこぼれないように進んでいく(と思ってる)

しかし、高校は偏差値という同じレベルの集団のなかでやっていくことになる。

当然、授業は置いてけぼりはそのままだし、赤点はあるし、落第もあるし、留年もある

 

それを、先日、娘に高校入学後の1学期が大事とタリーズカフェで話した

いまの中学は辞書も使わないので、高校からの指定で5冊も辞書を買ったというので

辞書の使い方もレクチャーした(100円ショップで売ってる透明な細い付箋紙を使う方法)

 

昨日の昼間に、LINEにわからないとう問題が送られてきた

高校のために、中学のおさらいをやっているという。(殊勝な心構え!)

しかし??

これがわからない・・・だと。 不安しかない

f:id:mokamokanews:20170331164114j:plain